« 一悶着の続き | トップページ | 昭和の映画とテレビ »

2016年10月 5日 (水)

先週の失言のその後

 自分の失言で部下や学生が傷ついたのであれば、悪かったと、頭を下げます。先週は、実は心の中で積もっていた不満がつい口をついて出てしまいました。その後で本人には謝ったのですが、結局、元室長のYさんが間に入ってとりなしてもらいました。

 ベトナム社会は口コミの社会です。すでに部長のP君や今の相方のD君の耳にも届いていたので、今週、それぞれ二人に事情を説明しました。以前より部下から苦情を受けていたD君からは、いっそのこと辞めてもらって別のアシスタントを探したら、と言われました。辞めてもらうにしてもこんな辞め方はよくないと思ったので、引き止めたわけですが。
 P君はYさんから連絡を受けた直後に旦那のS君を電話で叱責したそうです。奥さんにきついことを言ったせいか、それともP君に怒られたせいか、このところS君と私との関係もギクシャクするようになった感じがします。
 こうなる可能性があったので本当にエントスタッフの身内を雇いたくはなかったのですが、経済的に援助してやれ、という見えない圧力があったので致し方ありません。ですが、正直なところ新年度からは更新したくないです。

|

« 一悶着の続き | トップページ | 昭和の映画とテレビ »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先週の失言のその後:

« 一悶着の続き | トップページ | 昭和の映画とテレビ »