« 疲れてイライラが募るトイホア調査 | トップページ | タッチラグビーの試合と送別会 »

2017年3月17日 (金)

E.O.ウィルソンの「創造」

 最近、E.O.ウィルソンの「創造」という本を読んでいます。先週、トイホア出張の折に、教科書を持っていくには重いし、生物哲学の堅い本を読みたいような読みたくないような感じだったので、手にとってパラパラと数ページをめくってみたら読みやすそうだったので、持って行きました。

 どちらかというと彼の後半のテーマである生物多様性や生物哲学、教育に対する考え方などが書かれていて参考になる本でした。ただ、翻訳はもう少し砕けてというか、訳者はよく勉強されているのですが、日本語としてもう少しこなれていた方が読みやすいです。

|

« 疲れてイライラが募るトイホア調査 | トップページ | タッチラグビーの試合と送別会 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: E.O.ウィルソンの「創造」:

« 疲れてイライラが募るトイホア調査 | トップページ | タッチラグビーの試合と送別会 »