« いつまで続く体調不良 | トップページ | サインと倫理教育修了書 »

2018年5月31日 (木)

続くパンク修理のため、新品に交換

 昼にバイクでラーメンを食べに行ったら、後ろのタイヤがパンクしていました。ここ最近、月1回くらいの頻度で後輪がパンクして、その度に修理していました。ラーメン屋の店主に、近くに修理してくれる店はないか尋ねると、フエ通りにあるかもしれませんという返答でした。

 言われた通りにフエ通りに向かってバイクを押して、交差点のところで北か南かどちらに行ったらいいか、尋ねると、変な格好をしたおじさんが私に大声を出しながら歩いてくるではないですか。どうも、パンク修理の人らしいのですが、お店は高架の橋の下でした。
 強引にバイクを持っていこうとするので、念のため、いくらか尋ねると4万ドンという返事でした。普通なら2万ドンのところを、こいつ、足元を見やがってと思いつつも、3万ドンに負けさせました。
 手慣れた様子でチューブを引き出すなり、これは新しいチューブにしなければダメだと、パンク修理の跡だらけの後輪のチューブを指差しながら言っているようでした。
 見ると、普通なら平らになっているはずのパンク修理の1個がよじれていました。あー、3人くらいの修理屋に見てもらってきたけど、誰かのがミスっていたんだ、たぶん一番最後の人なんだろうな、と思いつつ、念のため、穴が空いていないか調べてくれと側に置かれていた水の入った洗面器を渡して頼んでみると、空気も入れずにチューブを水に入れて一通り調べても空気は漏れず、ほらみろ、と言わんばかり。
 そうこうしているうちにベトナム人の学生のような人がバイクで乗り付けて、その人にパンク修理を頼みました。空気入れはないのかと思っていたら、おじさんの自転車の荷台に厳重に保管された金属の箱に丸ごと空気入れの機械が詰まっていて、手際よく修理をして空気を入れて、2万5千ドンを受け取って、たぶん5分以内で終了。
 仕方ない、新しいチューブにするかと思い直して、おじさんに頼んだところ、チューブを新品に交換するのに一回タイヤを外さないといけないのですが、おじさんの工具ではどうにも私のバイクのタイヤは外せません。東に向かう通りを指して、あっちに行きなさいと言うので、とりあえずチューブをしまってタイヤをはめてもらってからバイクを押してそこから離れました。
 50mほどでバイク修理の店があったので、そこで直してもらいましたが、そこも一旦新しいチューブをはめた後でまた別の新しいチューブに交換したりしていました。そういう時に怒ったりすると、焦ってネジをはめ忘れたりする恐れがあるので、ぼーっと修理する様子を眺めていました。
 新品のチューブに交換して10万ドンでした。

|

« いつまで続く体調不良 | トップページ | サインと倫理教育修了書 »

ベトナム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続くパンク修理のため、新品に交換:

« いつまで続く体調不良 | トップページ | サインと倫理教育修了書 »