« イーオンで忘れ物 | トップページ | 地道に合気道の稽古 »

2018年9月28日 (金)

不運続きのアシスタント

 今のアシスタントのTさんは元エントのスタッフの奥さんで、3年ほど前に彼らの生活費を稼ぐために半ば無理やり押し付けられたわけですが、まあ割とよくやってくれています。産休明けに職場復帰するはずが、子供の面倒を見てくれるはずの義母がリュウマチになってしまったので、一旦は辞めた形になりました。

 ところが、次のアシスタントの人が三ヶ月で辞めてしまったので、無理を言って職場復帰してもらいました。
 しかし、復帰してすぐに水疱瘡になり二週間以上休み、その後で最初のベビーシッターの人が辞めたので、今月も初めに一週間ほど休みました。
 ところが、彼女が言うには早くも新しいベビーシッターが辞めるそうです。月に600万ドンを払っている状況でさらに200万ドンの料金アップを言われたそうです。彼女の給与が900万ドンと少しですから、これではなんのために働いているのかわかりません。
 それで生活がやっていけるのかと思いきや、彼女の妹が彼女夫婦の家に転がり込んできたのでその分の生活費を母親から仕送りしてもらっているそうです。なんでもその妹は親に溺愛されてきて、ハノイの大学に入学したものの寮生活に馴染めず、1日で出てしまったそうです。妹さんは勉強以外何もできないし、決してしようとしないので、食事の世話から大学への送り迎えまでTさんがやっているそうです。
 そんなTさんは先週の金曜日に子供が病気になったらしく早退したのですが、家に帰る途中で交通事故に遭いました。ノーヘルの若い男に横からバイクで追突され、自分のバイクごと倒れたのですが、男はそのままバイクで走り去ったそうです。
 それって、当て逃げじゃねえか。
 とりあえず、彼女は今週末に仕事を続けるかどうか決めることになりそうです。
 
 

|

« イーオンで忘れ物 | トップページ | 地道に合気道の稽古 »

ベトナム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不運続きのアシスタント:

« イーオンで忘れ物 | トップページ | 地道に合気道の稽古 »