« 平成から令和にまたがった連休でハノイ滞在 | トップページ | 今年のダニ学講義が終了 »

2019年5月16日 (木)

新しい実験助手が決まる

 2月からフレラボに加わった方はNIHEの他の研究室から来た人なのですが、ほとんど英語が話せません。リストラ候補者をまわされたとか言われたりもしたのですが、2月いっぱいでフレラボを辞めたCさんがウイルスの培養法、定量法を教えていってくれたので、デングウイルスの感染実験ではこの新しい方に準備をしてもらっています。

 連休明けにエントの分子生物の主任のような立場にいるH君と今後の実験について話をしたところ、感染後の蚊の体内にあるウイルスも定量することになりました。彼は5年ほど前に実験系を作っているので、当初は彼に指導してもらって私が実際に手を動かす予定でしたが、彼から長崎大のベトナム人スタッフの誰かに教える方にしたいという申し出がありました。私と実験の現場で英語でコミュニケーションを取るのが大変だからでしょう。

 恐る恐るフララボの拠点長に新しい人を今後私の実験助手として使わせてくれないかと申し出たところ、6月から働いてもらうことでどうにか了解を得ました。2月の時点で他のグループが必要としないのであれば私のところで是非にと思っていたので、良かったです。

 このところセミナーの発表直前にトイレでトラブルになって遅れたり、何かに追い立てられる夢を見ていたので、寝るのも嫌な夜が多かったのですが、これで少し気持ちが楽になりました。

 

|

« 平成から令和にまたがった連休でハノイ滞在 | トップページ | 今年のダニ学講義が終了 »

研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平成から令和にまたがった連休でハノイ滞在 | トップページ | 今年のダニ学講義が終了 »